English

DARTS (Data ARchives and Transmission System)は、天文学、太陽物理学、太陽地球系物理学、月惑星科学、微小重力科学等の多分野にわたる宇宙科学のデータアーカイブです。 DARTSについては、About DARTS をお読みください。


お知らせ

サービス停止 情報

(19 Aug. 2016) メンテナンス作業の為、Webサービスが5〜6分程度停止します。ご迷惑をおかけしますが、ご了承ください。
2016-8-22 10:30 -- 11:00 (JST)

過去のお知らせ


最近のトピックス

「ひさき」搭載極端紫外光分光器(EXCEED)データ公開

惑星分光観測衛星「ひさき」搭載の極端紫外光分光器(EXCEED)のデータを公開しました。2016年5月から「ひさき」は、木星探査機ジュノーや、ハッブル宇宙望遠鏡と、木星のオーロラやプラズマの共同観測を実施しています。これにより、回転する磁化天体のプラズマ加速・加熱過程を解明しようとしています。 (2016年8月)

JUDO2/UDON2の連携と機能追加

JUDO2/UDON2が連携し、様々な機能が追加されました。追加された機能の一例を紹介します。(1)JUDO2で表示した天体について、UDON2を立ち上げて解析を行うことが出来ます。解析したい天体を含む領域を拡大し、右上の「UDON2」ボタンを押してください。現在、MAXI, Suzaku, ASCAに対応しています。(2) XMM-Newton衛星の観測視野をJUDO2で表示できます。クリックするとESACのXMMアーカイブにジャンプします。(3) JUDO2で星座図を表示することが出来るようになりました。 右の図はMAXIによる銀河中心周辺のX線画像に星座図を重ね合わせたものです。全天で一番あかるいX線天体「さそり座X-1」は、 さそりの左腕のハサミに乗っています。 (2016年8月)

過去のトピックス

最終更新日: 2016年08月22日